知らないことだらけ?安心して出来る信用取引3選

最も有名な信用取引である株式取引

平日の日中に、全国の証券取引所にて活発に行われているのが、株式取引です。日本で最も知名度の高い金融取引と言っても過言ではありません。現在、インターネットでの取引が主流となり、更に小口から取引可能になったことによって、幅広い年齢層の方が取引を行っています。そんな株式取引にも、信用取引があります。株式取引の主流は現物取引ですが、株式の信用取引は証拠金の3倍まで取引できますので、信用取引の初心者にも安心の取引です。

24時間取引可能な為替取引

日本国内で、最も取引参加者が多いと言われるのが、外国為替証拠金取引ではないでしょうか。各国の通貨の取引が為替取引です。この取引は、平日であれば24時間売買ができるメリットがありますので、忙しい会社員や、日中に時間のとれない主婦等に人気が広がり、取引参加者が爆発的に増えました。更に、値動きが大きいのも特徴で、大きな利益を上げるチャンスが多いという面白みもあります。この取引は、証拠金の25倍まで売買が行えますので、非常に大きな利益を上げるチャンスがあります。

ネットでも取引可能、商品先物取引

商品先物取引は、江戸時代から歴史のある、日本で開発された信用取引です。ほとんどのマーケット参加者は、信用取引を行っており、現物取引を行う参加者は、一部の業者に限られています。商品先物取引で取引されている銘柄は、生活に身近にあるモノなので、実態経済の勉強にもなります。例えば、ガソリンや灯油も銘柄の一つですし、金やプラチナといった貴金属から大豆やとうもろこしといった穀物まで様々です。商品先物取引は、証拠金の50倍程度の売買が出来ますので、3つのうちで最もハイリスクハイリターンと言えます。

信用取引は株式の売買において、自分の資金や株式を証券会社に担保として預けておく事で、手持ち資金以上の金額で株式投資を行う事です。

2016年4月24日