刑事事件において弁護士が行う事を知ろう!

刑事事件において弁護士を利用するメリット

犯罪を犯してしまった場合には通常警察に拘留されるか、書類送検されて検察という法律家に対峙する事になります。その際に助けてくれるのが弁護士です。刑事事件における弁護士の役割として加害者の権利を守る事があります。被害者から嫌がらせなどの行為があった場合には、法律を武器として守ってくれます。場合によっては代理人として動く場合もあります。検察に意見する場合には加害者の意見を聞きながら法律で認められた範囲内で意見してくれますよ。

被害者に対して謝罪を促します

犯罪を犯し罪を認めている場合には、被害者に対して謝罪をしていくと同時に二度と犯罪を犯さないような環境を構築していきます。盗撮などをした場合にはカメラを没収して物理的に再犯できないようにして行きます。それと同時に検察官に向けて反省文を書き、被害者に対して謝罪文を作成して行きます。何でそうしたのかや今後再犯しないための方法を具体的に記載して行きます。形式も正式な謝罪文にしています。必要に応じて弁護士がアドバイスしていきますよ。

裁判になった場合には裁判長に反省の意を示します

以上の事をしても被害者の理解が得られない場合には裁判となります。その際にこれまで行ってきた再犯防止の対策や被害者に向けての謝罪文を裁判長に見せる事になります。場合によっては加害者が被害者の前に立ち謝罪文を朗読させる場合もあります。また検察官が加害者を罪に問うために裁判長に訴えかけます。万が一関係ない事で罪に問おうとしている場合には検事に反論し加害者を守る働きをします。弁護士はこのような活動をしていますよ。

問題を解決させるのであれば鹿児島の弁護士に頼りましょう。専用の窓口から相談ができるのでとても助かります。

2016年4月25日