ゲームクリエイターを養成する専門学校の魅力三選

IT業界でも花形職業だから

ゲームクリエイターの養成をしている専門学校が、学生たちの間では人気沸騰中です。これにはもちろん理由があります。ゲームクリエイター自体が、IT業界の中でも花形職業なのがその理由の一つでしょう。ゲームクリエイターになれれば、雑誌のインタビューを受ける機会もあるかもしれません。大ヒットゲームを世の中に送り出すことができれば、芸能人並みの知名度を獲得できる場合もあります。地味な裏方ではないという点が、若い人たちに支持されています。

大手に就職できれば高収入が得られる

ゲーム会社は、比較的規模が大きいです。一つのゲームを作るためには多数の社員の力が必要だからです。また、世界を相手にする仕事でもありますから、小さいヒットでも十分な利益が得られます。したがって、中規模以上の会社が多いという傾向が見てとれます。スマホゲームをヒットさせた会社ともなると、数百人もの社員を抱えていて、非常に高い報酬を支払っているケースが多いです。専門学校に通ってゲームクリエイターになれれば、年収一千万円以上稼げるかもしれません。

プロレベルの設備が使えるのが最高

ゲーム開発には、高度なマシンや高価なソフトが必要になります。個人では買い揃えることのできないようなプロレベルの設備を使えるのも、ゲーム系の専門学校の魅力でしょう。また、ゲーム開発は独学をすることが非常に難しいものですから、専門学校に通わなければ夢の達成はおぼつきません。こうした理由もあって、年間百万円ほどの学費を払ってでも多くの学生が専門学校に入学をしているのです。就職率が高いという点も見逃せない部分でしょう。

ゲームの専門学校は就職に有利です。なぜなら大手のゲーム会社が経営していることが多いためです。学校で良い成績を残せばエスカレーター式に就職を決められます。

2016年12月24日